フォト

ル・シュクルのお菓子たち

ル・シュクルお菓子教室

無料ブログはココログ

« 動物マカロン講習会*2012・秋* | トップページ | 安食シェフの秋限定スイーツ① »

2012年9月24日 (月)

MOF(フランス国家最優秀職人)の講習会

P1150616
先日、都内で開催された、MOFシェフ・ペルション氏の来日講習会に参加してきました。
見事なグラッサージュ!!
お味も絶品heart01

ペルション氏といえば、
プロのパティシエ向けの研修施設・ベルーエコンセイユで、高度な技術を教えるMOFシェフ。
世界中のパティシエがパリの彼の元に集まってくることで有名です。
日本人のセミプロ(お菓子教室や趣味で学ぶ人)にも10数年前に門戸が開かれたので、今はコルドンブルーだけでなく、ベルーエも人気のようです。
わたしは日本人向け講習コースの一期生で、10数年前にパリのベルーエで研修を受けました。

P1150611_2
今、パリではトンカ豆を使ったスイーツが流行っているそうで、トンカ風味のケーキをいろいろ教えていただきました。
豆といってもコーヒー豆ではなく、バニラのような風味なので、あまり主張するようなお味ではなく優しい風味。
中央のいちごがのってるスイーツは、ミント味のムース。
日本人にはあまり人気ないですよね~
わたしもこれはちょっと苦手なお味でした。。
でもこのミント味のスイーツ、お砂糖がいっさい入っていないシュガーレスのスイーツなんですよ~
医療用甘味料を使用しているので、糖尿病の人もOKなのだそうです。

注目はこちら↓↓↓
P1150610
ソファの形を模したケーキですheart
中身はトンカ風味のムースなどなど、複雑な構成になっています。
クッションはチョコレートで出来ていて、2コいちで貼り合わせているので中は空洞。
仕上げに赤く着色したチョコレートをエアスプレーでピストレしています。
わたしもエアスプレーが欲しいのだけど、すんごい音なの~~
近所中に響き渡りそ~dash

ソファの凹凸は、シャネルバッグbagでもみかけるマトラッセという模様。
これは、専用の型というかシートストラクチャーという、プレスされたシート状のものを使っているのですが、日本では作られていないんです。
マトラッセ以外にもいろいろな種類がありますが、全てフランスでの受注生産なので、超高価。
クッションのチョコレート型もフランスのみ。
日本で注文を請け負っている会社もありますが、当然のことながら更に高くなります。

う~ん、でも欲しいなあ。。
ということで検討中。

このケーキをマスターしてお店で売ると言ってるパティシエ(受講生)もいました。
全く同じではないと思いますが…。
でも一応プロ向け講習なので、同じものを作って店売りしてもOKのようです。

わたしは、お味は全く変えて、大好きないちご×バニラ風味のベッドなんてどうかなー、と思っていますheart04
同じものは複雑すぎて作れませんしsweat01
いつになることか???ですけどcoldsweats01

意外と受講生が少なくてビックリでした。(数えるほど…)
フランスから招聘しているからか、結構なお値段でしたしsweat02
わたしは迷いに迷って、申込みました~

超有名な、料理研究家の先生も受講されていましたよ。
一緒に写真を撮っていただきましたheart01
ヒントは、華奢で女優さんのように美しい先生ですshine
写真をあとで見たら、私はその先生の倍の大きさでしたpigsweat01
因みに、15年前に一緒に撮っていただいたときは、同じくらい細かったのよ~~

******************************************

10月のお菓子教室日程→★★★
※空席情報を更新しました

ル・シュクルお菓子教室(神奈川県川崎市麻生区)
satokokato@mbn.nifty.com

« 動物マカロン講習会*2012・秋* | トップページ | 安食シェフの秋限定スイーツ① »

スイーツ・お菓子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 動物マカロン講習会*2012・秋* | トップページ | 安食シェフの秋限定スイーツ① »