フォト

ル・シュクルのお菓子たち

ル・シュクルお菓子教室

無料ブログはココログ

« オペラ開催中♪ | トップページ | ニューカレドニア(メトル島②) »

2012年11月30日 (金)

ニューカレドニア(メトル島①)

P1170166_3
ニューカレドニア、最初の3日間は、
グランドテール島(本島)から高速艇で約20分の離島、
メトル島の水上バンガローで過ごしました。

わたしのカメラ技術がいまいちで感動が伝わらないかもですが
青い海と青い空。
ガイドブックで見たあの景色の場所にいることがとても不思議。

P1180235
この桟橋の先端(左)に船が着いて、着きあたり(右)がレセプションになっています。
メトル島は歩いて一周しても20~30分くらいの小さな島で、1島1リゾートとなっていて、お店はありません。
ホテルレストランはかなり高いので食事つきプランにしないとかえって高くつくかもしれません。
ビーチに小さな売店(軽食と缶ジュースのみ)がありますが、缶ジュース1つ600パシフィックフラン(約600円)でした~

P1160858
週末到着便は、歌で出迎えてくれます

P1160873
レセプションでウエルカムドリンクが用意されていました
このはリチャードくんのです。
わたしのお手手はこんな毛むくじゃらではありませ~ん 

P1170172
レセプションでキーを受け取って私たちのバンガローへ。
もうスノーケルしている人たちがいます。
透明度抜群で、橋からもお魚がたくさん見えます

P1170181
各部屋に広い専用デッキがあり、階段を下りてデッキから直接海に入れるようになっています。

P1160885_2
この階段、使わないときは海面から少し上にあげておくことができるのですが、それには重大な理由がありまして…。

P1180167
海ヘビくんが上がってくるからなんですー!!
ニューカレ滞在中、海に入ると必ず遭遇するほど、うようよ。
一番最初は泳いでいて目の前に突然、にょろ~っと現れたので、驚き過ぎて、
ビーチ中に響き渡るほどの悲鳴をあげてしまいました

あとはもう慣れて、階段を上がってくるヘビくんに、がんばれコールを送っていたのですが。
あと数段でデッキ、というとこで海へ落ちて行くのでした

人を襲うことはまずないそうですが、毒蛇なので、
万が一噛まれたら、ヌメア(本島の首都)の病院で即座に血清を打たないといけないそうです。
特別保護指定動物なので、捕獲したり傷つけることはご法度です。

P1180063
スノーケリング(snorkeling)を楽しみました。
水中カメラは持っていないので、
普通のコンパクトデジカメを「ディカバッグ」に入れて撮ってみました。
海中では液晶画面が真っ暗で、シャッター音も聞こえないので、撮れてるかどうかわからず押してましたが、一応撮れていました。
メトルの海も綺麗でしたが、もっと遠い離島は比較にならないほど綺麗でした。
それはまた後日。

P1170280
ウミガメも泳いでいました。
このメトル島、巨大ナマコもたくさん。
いろんな海中生物がいて、楽しかったですが、巨大ウニもたくさんいるので、マリンシューズは必須アイテムです。
(わたしたちは素足で泳いでました
リチャードくんはこの巨大ウニを踏んでしまい、今もカカトに針がささったまま

この後行った別の離島イル・デ・パンで、私自身もマリンシューズ必須を痛感する出来事に遭遇しました。そのお話はまた今度。

メトル島宿泊者は無料でスノーケルセットを借りられますが、フィンはついていません。
ここで借りたスノーケルセットははっきりいってちゃち。
密着しないので頻繁に水が入ってきてパニックになりかけました。
なにせカナヅチですから

でも、試しに浮き輪を外してみたら、わたし初めて浮きました
「脂肪」という名の自然の「浮き輪」が体についたからでしょうか~
ちょこっと足を動かすと泳げましたよ~


旅の思い出(備忘録)と、これからニューカレドニアに行く方のために、
詳しいレポをお届けしていきたいと思っています。
興味ない方はスルーしてくださいませ
お菓子教室や日常のことももちろん書いていきますので、また遊びにきてくださいね


12月のお菓子教室日程→★☆★

ル・シュクルお菓子教室(神奈川県川崎市麻生区)
satokokato@mbn.nifty.com
 

« オペラ開催中♪ | トップページ | ニューカレドニア(メトル島②) »

旅行・地域」カテゴリの記事

国際結婚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« オペラ開催中♪ | トップページ | ニューカレドニア(メトル島②) »