フォト

ル・シュクルのお菓子たち

ル・シュクルお菓子教室

無料ブログはココログ

« ニューカレドニア(イル・デ・パン②) | トップページ | ニューカレドニア(イル・デ・パン④) »

2012年12月 6日 (木)

ニューカレドニア(イル・デ・パン③)

P1180452
OPツアーで、海水がせき止められて出来た天然プール、ピッシンヌ・ナチュレに行ってきました。
ホテルレセプションで前日までに予約することが可能で、行き方は2通り。
車での送迎(片道約30分)または、ビローグ(帆かけ船)で2時間かけて行き、帰りは車という方法。
わたしたちは車で行きましたrvcardash

P1180484
すんごい綺麗ですー!!
綺麗すぎて大興奮。
世界でもっとも美しいビーチベスト10にランクインしたこともあるそうです。
ビーチ、というよりとにかく水が超きれい。

P1180501
この辺りは水深6mくらいでしょうか。
命がけの撮影ですdash
浮き輪を持って行かなかったので、わたしはこの岩場近辺でスノーケリングを楽しみました。
ここには海ヘビいないみたいhappy01
リチャードくんは海との境界まで泳いで行って、いろんな珍しいお魚をたくさん見たよ~、と報告してくれましたpisces

P1180524_2
かわいいheart01
熱帯魚の大群に遭遇したこともあったのですが、シャッターチャンスが合いませんでしたsweat01
ディカバッグ、便利なのか不便なのか…。
水中カメラ買うほど頻度が高くない方にはお勧めかも。

因みに、腕時計もディカバッグに一緒に入れておきました。(水中時計も持ってないので)
帰りの集合時間がわからないと困るし、ビーチに置く荷物はタオル類など紛失しても良いもののみに。
お金を使うところは全くないので財布moneybagはホテルに置いて行きましょう~

ここで、ちょっと行き帰りの説明&恐怖の出来事を。。
P1180411
車での送迎だと、近くの駐車場で降ろされて、「3時にまたここで」
と言われ、あとは自力で行きます。
標識とかはないので皆が行く方へ。
この広~い川をパシャパシャと渡って、林のほうへ。
水は足首もつからないほど浅いです。
林を10分くらい歩いて行くとピッシンヌナチュレに到着です。

P1180421
10時半ころ着いた時はこんな感じで、ビーチも広々。
午後になるとだんだん砂浜部分がなくなるほど満ちてきて、スノーケルしてた岩場の辺りは水深が倍?くらいの深さに。
あ~、そうか。外海と繋がってるんだもんねー、などと悠長に話しつつ遊んでいました。

駐車場に戻るには、あの広くて浅い川をまた渡るのですが…。
そーなんです。
川もここと繋がっているので、見事に増水していましたshock
ヒザまで浸かりながら、あの広い川を渡るしかありませんsweat01
怖すぎて写真を撮る余裕もなく~

水圧と川の流れと川底のぬめりとで、ビーチサンダルの緒が歩くたびに外れるので途中から裸足で。
流れは穏やかですが、水圧って本当に怖い。
流されそうになりながら、なんとか生還good
マリンシューズ、やっぱり必要ですfoot

P1180395
その夜、部屋に置いてあったホテル案内に、
「ピッシンヌナチュレへ行く途中の川は、時間帯によっては、
30インチ(約76cm)以上に増水するので非常に危険を伴いますdanger
というフランス語&英語の注意書きがあるのを見つけたのでした。
(時すでに遅しsweat02

因みに、ビローグyachtの場合は湾に着いて、案内人も標識もない林の中を自力で45分くらい歩くそうですが、
帰りは車なので、来た道ではなくこの川を渡って駐車場へ。

ビーチが満ちてきたら、早めに引き上げたほうがよいかも。
でも、ニューカレドニアで一番よかったのはここ。
また行きたいくらいですheart04

↑ホテルクブニーで食べたエスカルゴsnailです。
イル・デ・パンの特産で、フランス産のとは違う種類。
とても希少で、島外への持ち出しが禁止されていて、イルデパン島でしか食べられないのだそう。
美味しかったですrestaurant


旅日記、もうちょっと続きます。

・ただいま →
・メトル島①→
・メトル島②→
・イルデパン①→
・イルデパン②→


12月のお菓子教室日程→★☆★

ル・シュクルお菓子教室(川崎市麻生区)
satokokato@mbn.nifty.com

« ニューカレドニア(イル・デ・パン②) | トップページ | ニューカレドニア(イル・デ・パン④) »

国際結婚」カテゴリの記事

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ニューカレドニア(イル・デ・パン②) | トップページ | ニューカレドニア(イル・デ・パン④) »