フォト

ル・シュクルのお菓子たち

ル・シュクルお菓子教室

無料ブログはココログ

« ニューカレドニア(メトル島②) | トップページ | ニューカレドニア(イル・デ・パン②) »

2012年12月 4日 (火)

ニューカレドニア(イル・デ・パン①)

P1170391_3
メトル島からヌメアへ移動し、暴風雨の中イル・デ・パンに移動。
土砂降りだったのはこの移動中のみで翌日は良いお天気。
ここで4日間過ごしました。

メトル島もイルデパン島もビーチ以外は何もありません。
周りにレストランやお店など、本当に驚くほど何もない島です。
地元の人は小さな朝市や小さな商店(ものすごく品数少なくてしかも高い)でお買いものをしているようです。

この島を発見したキャプテンクックが、南洋杉を見て松と勘違いして、「松の島」アイル・オブ・パイン(フランス語でイル・デ・パン)と名付けたのだそうです。
フランス領なので、ニューカレドニアはフランス語ではヌーヴェル・カレドニーと言います。

P1170400
ニューカレの現地ガイドさんから、メトルと比べものにならないほどイルデパンの海↑は美しい、と聞いていましたが。
確かに綺麗だけど、去年行ったドライトートゥガスのほうが海は綺麗。
でもあまりに遠すぎて二度と行けないsweat02
大西洋とメキシコ湾の間の小さな無人島(宿泊不可)なので、綺麗なのは当たり前ですが。
キーウエストからは水陸両用機で、難破船や亀が肉眼で見えるほどの低空飛行で行くので、道中も楽しめました。

P1180691
ヌメア⇔イルデパンはわずか20分airplane
離陸して水平飛行に入った途端、着陸のアナウンス!!
40人乗りまたは70人乗りのプロペラ機で、比較的低空で飛びますので、ずっとこんな景色が見れます。
(ヌメアに戻る機内にて)
自由席なので窓際は早い者勝ち♪
普通の旅客機に比べたら低空です。

P1180568_2
イルデパンのカヌメラビーチにて。
ホテルの広いプライベートビーチなので、とにかく人が少なくて、時間によっては貸切状態。
ビーチの砂が細かくてとても綺麗。
砂が白すぎて雪原のようです。
サングラスをかけないと眩しいほど。

この旅行のために買ったハワイアナスのビーチサンダルは、噂通り優秀でしたgood
履いたまま長時間歩いても痛くならないです。
でも、やはりマリンシューズを買って行くべきでした。
あとで酷い目に遭いましたからsweat02(その話はまだ先…)

P1170387
イルデパンで滞在したのはカヌメラ湾に面したウレ・テラ・ビーチリゾート。
1棟ごとの広い独立バンガローです。
イルデパンはとにかく虫が多いと聞いていたので、トカゲが出るのではsweat01、と心配しましたが1匹もでませんでしたgood
(空港などで売ってた土産物もトカゲモチーフのものが多かった)
蚊も多いと聞いていたので虫よけスプレー&かゆみ止めを持参しましたが、一回も刺されず。
11月は初夏なので、これからどんどん増えてくるみたいです。

メトルもイルデパンもお店がない島なので、食事付プランがおすすめですが、ここは朝食のみプランしかなかったので、夜はちょっと困りましたsweat01
実のところ、このホテルは朝食がおいしくなかったので、夜は隣のホテルレストランに行ってきました~
これは大正解でした!(おいしかったnotes

早朝から鳥のさえずりで目が覚めます。
わたしたちシニア?夫婦はとにかく早寝早起き。
日の出とともに起きて、陽が沈むと寝て。
毎朝ビーチを散歩しましたが誰もいませんでしたhappy01
静かで鳥のさえずりしか聞こえない世界ですchick

P1180400
何かの標識みたいcatface
お散歩は日傘をさして~
現地では珍しいようで、結構注目されました。(笑われてた気も…coldsweats01
ニューカレでは雨傘さえも珍しいそうです。
そういえばアメリカも雨傘をさす習慣がないですね~(売ってるとこも少ないし)

カヌメラビーチを向こうの小島まで歩いて右の歩道を横切ると、クトビーチに行けます。
島にある小さな食料品店&パン屋さんに行くには、ホテルゲートから道路沿いを歩いて行くよりクトビーチ経由のほうが近いです。
でもわざわざ行く価値はないかなー。
ウレやクトのホテルでもレストランでサンドイッチやお水くらいは買えるし、
お店にやっと着いても品数びっくりするほど少ないし、とにかく高いし、地図で見るよりはるかに遠かった!
日本からドリンクやおやつを持っていけば良かったです。

離島では、ビーチで海を眺めてまったり過ごすのが一番です~
OPで無人島や他のビーチにも行ってきました。
次回またご紹介させていただきますねーship

・ただいま →
・メトル島①→
・メトル島②→


12月のお菓子教室日程→★☆★

ル・シュクルお菓子教室(神奈川県川崎市麻生区)
satokokato@mbn.nifty.com

« ニューカレドニア(メトル島②) | トップページ | ニューカレドニア(イル・デ・パン②) »

国際結婚」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ニューカレドニア(メトル島②) | トップページ | ニューカレドニア(イル・デ・パン②) »