フォト

ル・シュクルのお菓子たち

ル・シュクルお菓子教室

無料ブログはココログ

« バミューダ諸島の観光 | トップページ | バミューダのクラシックホテル »

2013年9月27日 (金)

*お知らせ*

今日は旅日記をお休みして、いくつかお知らせがございますpaper
まず1つめ。
10月メニューのパリ風マロンロールは全日程満席でしたが、リクエストがございましたので、10月21日(月)に追加日程を設けました!!
ご都合の合う方は、ぜひご参加くださいませ^^

Photo_2
別立て生地をしっとり焼きあげて、マロン入りの生クリームと一緒にまきまき。
モンブランクリームをたっぷり絞り、栗を飾ってエッフェル塔をつけて完成です♪
栗好きの方、集まれ~~っheart01
レッスン詳細は、10月日程でご確認を。

そして。
これまた全日程満席だった「木の実とキャラメルのタルト」に空席が1つ(10月4日)できました。
ナッツ好きの方は是非ご参加くださいませlovely
*満席になりました

P1260001
練りパイ生地に5種類のナッツを混ぜたアーモンドクリームをたっぷり流し入れて焼き上げます。
ナッツを混ぜた柔らかいキャラメルソースと粉砂糖で仕上げます。
どんぐりを抱きかかえたリスもなんだか楽しそうheart04

P1260003
紅茶は、ケーキに合わせて「キャラメル&ラム」のルイボスティーをご用意cafe


そして、画像がなくて恐縮ですが。
お教室で使っているフランスMORAの絞りだし袋に数点在庫ございます。
ご希望の生徒さんはお問い合わせくださいませ。

カップケーキレッスンとシュガーベールのレースクッキーレッスンで使用したWiltonの切り込みが深い☆口金も在庫数点ございます。
ご希望の生徒さんはお問い合わせくださいませ。

それと…。
バミューダからボストンに移動し、さっそく蜘蛛の巣レースを買いに行ったのですが、
なんと廃番になっておりましたsweat02
注文してくださった方、大変申し訳ございません。。
また何か見つけたらご案内させていただきますね。

以上、お知らせでした♪♪

**************************************************************

ここからは御礼ですconfidentheart04

P1260009
Sさんから素敵な花束をいただきましたheart01
大好きなピンクとビタミンカラーの黄色とオレンジ。
とってもかわいくて、しばし見とれてしまいました~
Sさん、ありがとうございましたheart

P1260012
Kさんから、イタリア土産をいただきましたpresent
コーヒー風味のプラリネチョコと本場のオリーブオイル!!
結婚30周年記念に、ご主人とイタリア全土を周遊して来たそうですheart01
おめでとうございますheart02heart02heart02
わたしの憧れの地、アルベロベッロにも行ったそうで、羨ましい~confident
Kさん、ありがとうございましたheart

P1260011
Tさんからはイギリス土産を~present
お嬢様と一緒のご旅行で、ご主人さまはお留守番だったそうcatface
快く送り出してくださったご主人さまはお優しい方ですねheart01
カップケーキ柄のかわいいティーマットとロンドンの紅茶、Tさんありがとうございましたheart
かわいい紅茶缶、永久保存版ですnotes

******************************

今日は、秋晴れsun
青空が広がって涼しい一日でしたね。
急に気温が下がって、体調を崩されている方も多いようです。
パジャマの上着はズボンにインして寝るルシュクルですsmile
色気なくてすみません~coldsweats01
皆さまも寝冷えしないよう、ご注意くださいねmaple

**************************************************************

●玉川高島屋S・Cレッスン(キュートなケーキポップ)→
●渋谷カルチャーワークス(キュートなお菓子たち)→

**************************************************************

9月のル・シュクルお菓子教室日程→
10月のル・シュクルお菓子教室日程→

ル・シュクルお菓子教室(神奈川県川崎市麻生区)
satokokato@mbn.nifty.com

« バミューダ諸島の観光 | トップページ | バミューダのクラシックホテル »

スイーツ・お菓子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« バミューダ諸島の観光 | トップページ | バミューダのクラシックホテル »